全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】

メンタルケアルーム Be-ハート

さまざまなお悩みをお聴きします!心を軽くすれば、生きやすくなります!!

まずはお話をじっくりと伺います。

専門は、DV関係、依存・共依存、トラウマ(心的外傷)の改善です。

学校でのお悩み、ひきこもり、夫婦関係、家族関係、友人関係、職場でのお悩み、近所づきあいでのお悩みなど生きづらさを改善します。

例えばですが、夫婦喧嘩がたえないというお悩みは一般によくあるお悩みです。「こんなことで心理相談してよいのか」「カウンセリングなんて仰々しいんじゃないか」と思われる方も多いようですが、悩みである以上、それは大切な心理相談の内容です。カウンセリングが進めば、喧嘩のきっかけになる「スイッチ」もみつかりますし、そのことから喧嘩が始まらないようにするといった対処もできます。夫婦喧嘩がなぜ起きるのか。そのことがわかると、相手の心がそれまで以上に理解もできます。

大事なことは「生きづらい」が「生きやすい」「自分らしく生きられる」というように変わることです。

※【 不登校および未成年者ひきこもりに関しての継続的関わりワーク 】については左側の「システムについて」と最下段をご参照ください。

※【 発達障害やその傾向のあるお子さんへの学習支援 】については「システムについて」をご参照ください。当ルーム独自の”T-式バランスエクササイズ”についての簡単な概略、考え方は最下段の「発達障害について」をご覧ください。詳しい点は直接お尋ねください。

発達障害の人の癇癪からの暴力をコントロールして強化学習させるための手法”G&Dシステム”は直接お尋ねください。

★ ブログにも心理に関することを書いています! https://ameblo.jp/ken6do

 

※営業のメール、お電話等はいかなる種類であってもお断りしております。業務の性質上も支障が出ますので、100%お断りさせていただいております。ご了承ください。

心の問題・お悩みに真摯に向き合います!

「Beーハート」のBeは、英語の「be動詞」のBe.be動詞は人称により変化しつつもその本質である「存在」の意味は失わず、かつ現在完了や受け身など重要文法の要素にもなっていることから、カール・ロジャーズのいう「十分に機能する人間」に通じるという思いから名づけました。環境や状況により自由に変化しつつも、自分らしさを失わない心。それが「Be-ハート」です。

守秘義務  Be-ハートでは、守秘義務を厳守いたします!

 心理カウンセラーには守秘義務があります。カウンセリング内でお話した内容やクライアントの方の個人情報を外部に洩らすことは絶対にありません。

 心理カウンセラー瀧口弘毅は守秘義務をとても重要視しています。そのため友人・知人はもとより家族にも、クライアントの方については一切お話しいたしません。

心理療法

来談者中心療法。認知行動療法。絵画療法、箱庭療法、芸術療法。自己暗示法など。

※心理療法についての簡単なお話は下の方に!の場所をクリックすると別窓に変わります。

【カウンセリングの基本的な流れ】

1、まずメールか電話でご連絡をいただきました時に日時を決定いたします。(セッション中など電話にでられないことも多いですが、留守番電話にカウンセリングを受けたい旨のメッセージを残しておいていただければ折り返し当方から電話を着信履歴から掛けなおしいたします。メッセージがない場合は申し訳ありませんが、迷惑電話対策のため折り返し電話はいたしません。ご了承ください)

2、実際に来訪していただきまして初回のカウンセリング(インテーク面接)が開始いたします。

※インテーク面接というのはクライアントの方が何に悩まれているのか、今の置かれた状況はどうなのか等といったカウンセリングを行う上で必要なことをお聴きすることを主目的としたものです。この時にできるだけ詳細を伺うことができればその後のカウンセリングもスムーズに進みやすいのでとても重要です。ただ「とにかく話をきいてほしい」という方の場合はとにかくお話を伺うことが主になるでしょうし、具体的なアドバイスを必要とされている場合には初回でも可能な限りですがお答えすることがあります。

また簡単な心理テストなどを行うこともありますが、これはクライアントの方の心理を読みとることを目的としたものではありません。あくまでクライアントの方の状況を把握しておいたほうがカウンセリングが横道にそれることなくスムーズに進みやすいため行われるものです。

3、初回カウンセリング終了時に次回の日程を決めていただきます。もちろん吐き出したいことは吐き出せたなど今回だけで十分だと感じられた場合はここで終了となります。尚、その後時間が経過してからもう一度カウンセリングを受けたい、話をきいてほしいという場合にもカウンセラーが拒否することはありません。快く引き受けさせていただきます。(心配される方がいるので念のため、です)

4、来談者中心療法(クライアントの方のお話をじっくり伺うスタイル)を中心に進めますが、必要に応じて他の療法なども行います。

〈心理カウンセラー〉瀧口 弘毅(たきぐち ひろき)1970年生まれ

ご連絡は下記PCメールまで 

  Bheart@outlook.jp

メールができない場合は090-4817-1512まで。すぐに電話にでられない場合は着信履歴から折り返します。

【心理療法、カウンセリングのことなど心理についてお話します!】

来談者中心療法 ←クリックすると別ページへ!

依存・共依存・DVについて←クリックすると別ページへ!

依存の改善過程 ←クリックすると別ページへ!

DV(ドメスティックバイオレンス)加害者の改善 ←クリックすると別ページへ!

 自己暗示法  ←クリックすると別ページへ!

イジメについて  ←クリックすると別ページへ!

トラウマ・虐待・記憶←クリックすると別ページへ!

ひきこもり ←クリックすると別ページへ!

ひきこもりの改善 ←クリックすると別ページへ!   

発達障害について ←クリックすると別ページへ!

T-式バランスエクササイズ ←クリックすると別ページへ!

不登校について  ←クリックすると別ページへ!

パニック障害について ←クリックすると別ページへ!

夫婦間の問題について ←クリックすると別ページへ!

悩みについて ←クリックすると別ページへ! 

鬱について クリックすると別ページへ!

治癒と寛解 クリックすると別ページへ! 

瞑想法 ←クリックすると別ページへ!

再発防止 ←クリックすると別ページへ!

転職のお悩み ←クリックすると別ページへ!

不登校および未成年者ひきこもりについての関わりワーク ←クリックすると別ページへ!

メンタルケアルーム Be-ハート     連絡先 PCメール Bheart@outlook.jp

 
 
 
 
 
 

inserted by FC2 system